(特活)サヘルの森の活動

広がっていくサハラ砂漠

その南の端、サヘルに生きる人びとが安定した生活を営めるように協力し、共に木を育て、森を管理し、砂漠化をくい止めるために活動しています。

f0344405_14585778.jpg

このブログではサヘルの森の活動をご紹介します。

サヘルの森の詳しい活動が知りたい方は こちら をクリックしてください。



[PR]

# by sahelnomori | 2017-12-31 15:54 | 事務局スタッフ

「みどりとふれあうフェスティバル」ご参加ありがとうございました。

5/1415日に日比谷公園で、みどりとふれあうフェスティバルが開催されました。

2日ともよい天気でしたが暑すぎず、とても良い行楽日和になりました。

熊本地震の支援もあり、このイベントのマスコミへの告知もいつになくあったようで、客足にも影響していたのかもしれません。

熊本支援のために有志が急きょ物販をして、熊本出身の歌手がステージで応援ソングを歌っていました。

f0344405_09135717.jpg
















サヘルのブースはニレの木広場の角のテントで、隣のブースとの間にケヤキがあったため、広いスペースが取れました。

いつものパネル展示や物販のほかに、坂場さんがマリから持ち帰ったバオバブの実と種を販売し、昨年同様泥染め体験を行いました。

昨年バオバブの種を買って播いて上手く育っているとか、実は家でバオバブを育てているとか、バオバブの花(写真)や実を初めて見たとか「みどりと ふれあうフェスティバル」ならではのやり取りも楽しいものです。

このイベントはNGOなどのブースは数が少なく、改めてサヘルの存在意義を感じました。

f0344405_09140789.jpg



[PR]

# by sahelnomori | 2016-05-28 23:05 | イベント

5月の定例活動のご報告

サヘル定例(2016521日)

目黒区のため池と社寺を巡る

 さわやかな季節になった。天気は晴れている。湿度が低いのでス~とするが、日差しは強い。1030分東急東横線「都立大学」駅に集合。

f0344405_14523075.jpg

渋谷駅からは電車で10分ほど。駅は高架になっており、線路のすぐ近くまで建物が林立する。今日の参加者は3名。

 駅を出て線路に沿って下ると、サクラ並木の小さな緑道がある。これは呑川緑道。

f0344405_14531258.jpg

川の上に作られた。この緑道を上流に向かう。ソメイヨシノが大きく生育している。歩行者がパラパラと歩いている。間もなく北に向いた長い参道。ここが八雲氷川神社。立派な舞台もある。大きな樹木が点在しているが、皆幹が傷つけられている。アカガシの樹皮に薬効があると言う信仰で削り取られたという。

f0344405_14534803.jpg
f0344405_14535572.jpg

 向きを変えて東に進むと、規模の大きな東光寺、常円寺が続く。両寺とも300年ほどの巨大なイチョウがあった。山門、寺院、鐘楼なども立派である。

f0344405_14544688.jpg

東光寺には狛犬の代わりに風神雷神の石像があり、巨大な石灯籠がある。

常円寺にはボダイジュがあった。

f0344405_14562909.jpg

 

f0344405_14564629.jpg

 北に進むと隣が都立大学跡地の区民キャンパス公園。大きな敷地に図書館やパーシモンホールがある。パーシモンとは柿のこととか。

f0344405_14572068.jpg

 周辺には都立大時代の大きな樹木が生育する。緩やかな傾斜の芝生広場や水遊びが出来る流れもある。子供連れや散歩の人などでにぎわっている。ここで昼食。日陰のベンチで持参のおむすびを食べる。

 先が長いので速めに出発。東へ進んで柿の木坂の住宅地を横断する。昭和の歌謡曲に出てくる柿の木坂は、ここではなく、広島にあるとのこと。環状七号線を横断し、住宅街を進むと緑の塊が目に入る。

f0344405_14580866.jpg

 ここが碑文谷公園で樹木に囲まれた中に大きな池がある。立会川の水源地である。護岸部は石垣で囲まれて水辺には近づけない。水は濁っている。ボート乗り場があり、手漕ぎボートが進んでいた。中の島には厳島神社がある。

f0344405_14584870.jpg

 遊具には親子が群れていた。

 碑文谷公園から東に進むと、目黒通り。フランスの自動車、ブジョーの店がある。そこから南へ500m、ここに古い円融寺がある。

f0344405_14594459.jpg

 千年以上前の創建で山門に入ると、仁王門があり、広大な敷地が広がる。釈迦堂は23区内最古の建物で、国指定重要文化財である。新しい阿弥陀堂も立派です。

f0344405_15003476.jpg

 仁王門の近くにはボダイジュの樹がつぼみを付けていた。

 さらに南下して低層の住宅街を進む。環状七号線を過ぎると、大田区。ここから1km足らずで洗足池に到達する北側のグランドでは子供たちの野球でにぎわっている。

f0344405_15013575.jpg

池には足踏み式のスワン型ボートがたくさん。コイやカメもたくさん。水生植物による浄化施設もある。妙福寺の袈裟懸けの松を見て、池の南側の洗足駅に15時到着。今日の逍遥はここで終了、散会しました。

f0344405_15023476.jpg
 この付近は緩やかな地形が続いており、一時代前にまとまって開発された地域のようで、住宅地は幅が狭い直線道路が続いていた。古い社寺は、この地域が開発されるずっと昔から、地域のシンボルであったようだ。都立大学跡地も区の施設として、有効に活用されている印象でした。


次回の定例活動は、6月18日(土)です。

坂場代表はマリの現場で活動する予定なので、榎本が担当します。

ふるってご参加ください。


日時:6月18日(土)
目的地:ブリジストン博物館、小平中央公園
集合:西武国分寺線「小川」駅改札10:30
テーマ:タイヤメーカーの博物館と武蔵野の公園、玉川上水
参加費:無料(交通費各自負担)
持ち物、服装:歩きやすい服装、雨具、昼食

会員でなくても参加できます。お気軽にご参加ください。
参加を希望される場合は、事前に事務局までお問い合わせください。
電話:042-721-1601(不在時は留守番電話に折り返しの連絡先を伝言お願いします)
メール:sahel-no-mori@jca.apc.org(開催2日前以降は電話のみ対応させていただきます)


[PR]

# by sahelnomori | 2016-05-26 15:04 | 定例活動

「みどりとふれあうフェスティバル」に出展!

今週末、5月14日(土)15日(日)日比谷公園で行われる、「みどりとふれあうフェスティバル」にサヘルの森も出展します。
是非、ブースに遊びに来てください!マリでの植林活動の紹介のほか、バオバブ他の苗木(ちょっと)と、今回はバオバブの種もありますので..。
お待ちしています。お手伝いも大歓迎です!!
http://midorinokanshasai.com/


[PR]

# by sahelnomori | 2016-05-11 23:06

4月の定例活動 ご報告

2016416日サヘル定例

祖師谷公園~蘆花恒春園

 今日は雲が多いが、空は明るい。気温も過ごしやすい。最高気温は20℃ぐらいになる予報である。1030分小田急線「祖師ヶ谷大蔵」駅に集合。

f0344405_10154475.jpg
 各駅停車だけの駅である。今日の参加者は5名。

 駅の北口広場にはウルトラマンの像があり、その脇には直径80cmぐらいの大きなキリがある。もうすぐ花を付けそう。

f0344405_10161769.jpg
f0344405_10164099.jpg

 祖師谷通りの商店街を進む。道幅が4mぐらいの狭い通りで人通りが多い。時おり自動車が通行してくる。ミニバスも通行している。生活密着型の商店街でにぎわい感がよい。

 商店街を10分ほど進むと、祖師谷住宅。

      

f0344405_10175594.jpg

 4階建ての古い団地で、1千戸ほどあるそうだ。ソメイヨシノやケヤキが大きく生育している。

f0344405_10183665.jpg
 その先を曲がると、住宅に囲まれて神明社がある。

f0344405_10194336.jpg
 大きな樹木に覆われている。境内を抜け、北側の住宅街を進む。緩やかな坂を下ると世田谷百景のつりがね池。周囲は住宅街に囲まれている。台地の湧水地のひとつ。大きな鯉がたくさん。池には水の循環装置がある。

f0344405_10202467.jpg

 そこから西に住宅地を進むと、仙川を挟んで都立祖師谷公園。

f0344405_10213395.jpg

 川沿いのソメイヨシノは花が終わっている。

f0344405_10220900.jpg

 緩やかな傾斜に囲まれた芝生のまわりには大きな樹木群があり、新緑である。園内を一周して12時となる。昼食はベンチで持参の弁当を食べる。園内はあまり混み合ってなくてゆったりしている。サトザクラも咲いている。ハナミズキも咲き始めた。

f0344405_10225997.jpg

1230分再び歩き始める。テニスコートや運動広場を見ながら、芦花恒春園に向かう。道路が狭く、交通量が多い。途中からは大きな道路に出た。蘆花高校を経て都立蘆花恒春園に13時過ぎに到着。

公園は交通量の多い環八に接しているが、中に入ると自動車の騒音はあまり気にならない。面積は8ヘクタール余り。


f0344405_10232890.jpg
f0344405_10240313.jpg
 花の丘はいろいろな草花が咲き誇っている。中央部は大きな樹林に覆われている。その中に
蘆花の旧宅や記念館がある。記念館を見学して、1345分過ぎに出発。住宅地の道を2㎞ほどで京王線「千歳烏山」駅。そこを通過し、1420分昭和大烏山病院の北側にある「烏山西沢つつじ園」に到着。


f0344405_10310649.jpg
植木屋さんの圃場であるが、一面にいろいろな種類のツツジが植えられており、見学できるように歩道が整備され、開放されている。ここも世田谷百景のひとつ。ツツジが咲き始めていた。

北に向かって中央自動車道をくぐると、烏山寺町。関東大震災(1923)で被災したお寺が昭和初期ごろまでに浅草近辺から移転してきたものがほとんどで、26のお寺があるそうだ。ゆっくりしている時間がないので、一番北側の高源院に行き、弁天池を見学する。

f0344405_10323886.jpg

コウホネやスイレンが群生している。大きな鯉もたくさん。水が少ないので背びれが見えるほど。カメも並んで日向ぼっこ。高源院の鴨池も世田谷百景の一つ。

北に進んで久我山高校脇を進むと玉川上水にぶつかる。

f0344405_10333413.jpg

ここから緩やかに下ると5分ほどで神田川。その脇に京王井の頭線「久我山」がある。1515分、ここで散会しました。

今日の散策コースは、世田谷区の西部から杉並区の一部ですが、生活と歴史・文化が感じられ、いろいろな学びの場、楽しめる場所がありました。


[PR]

# by sahelnomori | 2016-04-24 10:35 | 定例活動